ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 

今回は、カブ隊、ごうすけデンリーダー持ち込み企画、うどん作り。

♪粉と塩水まぜて こねて 生地をくつる。
寝かして 伸ばして
たたみ
生地をトトントトンと刻み

グラ〜グラ〜と茹でる。

グラグラグララッラグラグラグララッラ

ざるにあけて、水でしめりゃ

ざるうどん♪

ソング「十種野営料理法」の番外編とでも言いたくなるような集会でした。

うどん道場の前に、しかスカウト「あきらくん」の入隊式と見学に来てくれた「たつやくん」の紹介をしました。二人とも大きな声がでていてよかったです。

うどん道場の前に、材料の小麦粉について栄養分や用途などをひろし副長(2)から教えてもらいます。

さあ、いよいようどん作りです。

imgp0931.jpg         imgp0899.jpg   imgp0923.jpg

ボールに小麦粉と塩水をあけてこねこね…
寝かせる間に、ひろし副長(1)が夏舎営の説明をします。
新規入隊したスカウトもいるのでスカウトと保護者に向けて丁寧に説明しています。
組で役割分担も決めて、みんな舎営で持ち場ができました。

たたんで のばして おっと 打ち粉をわすれちゃダメダメ!!
名人の指導のもとスカウトもまじめにがんばってます。

 

imgp0945.jpg     imgp0946.jpg

包丁で切る時は大人が横で見守ります。刃の先に手をおかない。右手に包丁、左手は生地に・・・・。大人の言うことを守って包丁を使っています。自然と交替して切っています。スカウトも自分達でちゃんとしないといけないと自覚すると、見ていて安心できます。なかなか自覚しないので大変なんですが・・・・・・・。

スカウトは組ごとに、保護者も「保護者組」で調理していきます。さすが「保護者組」は手際もよくて見た目も市販のうどんみたいな上品な出来栄えです。

ゆでゆで・・・・ひやしてしめる!!カブ隊とビーバー隊あわせて60人前のうどんがゆであがりました。

みんなでいただきます・・・の前に、応援にきてくれた団委員を紹介してみんなでお礼をいいました。
「スカウトは、感謝の心をもつ」今から少しづつ積み重ねていきます。

ビーバー隊も「しゃぼんだま」を終わって席に着いています。
「いただきます」

60人分のうどんはきれいになくなりました。
最初余るかともおもっていましたが、どうしてどうしてみんなよく食べました。

 

imgp0951.jpg        imgp0952.jpg     imgp0955.jpg

急いで片づけて、午後からは組集会、舎営の用意、千羽鶴をつくりました。
千羽鶴ができた後、公園で「ねことねずみ」をして遊びました。
あとは閉会式をして解散・・・・・。

じつは、今回の集会は「しか」「うさぎ」のみで行いました。「くま」の3人は、前日の土曜日からボーイ隊のキャンプに参加していました。キャンプ場までリュックサックを背負って歩きます。テントをたてて、モンキーブリッジを作りました。

 130720_161016.jpg              130720_160901.jpg

 

ロープワークを練習して、小休止。

それから、炊飯は小グループに分かれて、どれだけ上手に炊けるかコンテストを行いました。

夜は「しのびより」ゲーム・・・・

翌日は、朝礼・朝食のあと撤営、技能の訓練をしました。くまスカウトは、元気に課題に取り組んでいました。
あと少しで彼らは、カブ隊から巣立っていきます。ボーイ隊長からは、みんな元気で、上進してくるのが楽しみと
言っていただきました。カブ隊長としてすこし安心しました。

カブ隊のスカウトは、うどんのように「コシ」があって粘り強くベストをつくすスカウトに育ってほしい。そしていろいろなことをしっかり吸収して「ざる」のようにならんといてね・・・うどんをいただきながら、ふとそう思いました。
    
 ここ3回の活動ではデンリーダーや保護者のアイディアをもとにプログラムを行いました。カブ隊もだんだんいい味がでてきています。ごちそうさまでした!!

  次回は、夏舎営です。楽しみです。        カブ隊隊長

コメントをどうぞ


XPressME Ver.1.10 (included WordPress 2.0.11-ME) (0.093sec. )